麻雀カフェ南浦和店スタッフ怒濤ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 番外編 (二郎)

<<   作成日時 : 2018/06/13 01:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



おっす、おらジロー。


どっかのハナビを完全告知と間違えた黒服軍団とは


同一人物ではないのでお気をつけ下さい。


あっしの名前はラーメン二郎から来てるのは北の大将軍も周知の事実。


そういえば。国交正常化って平和な世界がきそうですね。めでたし、めでたし。


で、本編(番外編)ですが、赤羽や大宮二郎が閉店し、

小金井もおやっさんの体調を考慮し一時やすんでいますのはみなさんテストに出ますので

知っていると思います。

そんで二郎以外にもハイスペックな二郎系は世の中にたくさんあります。

それを開拓しようと思い、神奈川の豚星や千葉のBooなどは、

前のブログに書いたとおりです。(書いたとは言ってない

で、先日新たに駒場東大前徒歩10分、代々木上原徒歩8分の

千里眼に言ってきました。

ここは、二郎よりも好きという恋は思案の外とはよく言った知らせが入ってきました。(意味不)

実際に食してみた感想ですが、なるほどなるほど通いつめる人がいるのも理解できる。

私が店に付くと店内の背後霊が3名ほど(待ち客のこと)

空いた席に順次座っていくタイプだ。店に入ると最初に麺の量を聞かれるので

予め決めておこう。半分や普通、大と選べる。

味玉や豚マシと選べるが私は、普通のラーメンと生卵をチョイス。

前評判から豚のトロットロ具合が凄いとのことだが、後任の同士たちを考慮し

増さず。

カップルが座ってた席に朝青龍風のサラリーマンと一緒に案内される。

もちろん私もビッグサイズだが字に書いたように大人が二人座ってもそこまで狭くないのは評価点。

卓上調味料は一味、胡椒、返し醤油。また、ティッシュとレンゲが常備されている。

お座り5分ほどで着丼。トッピングは二郎同様麺が上がった後に聞かれるので準備しておこう。

コールは野菜(マシ)、大蒜、アブラ、生姜、辛揚げがある。

辛揚げとは天かすに10種類の唐辛子をまぶしたものである。

結構デフォでも野菜の量があり、不安なひとは野菜コールはしないほうが良いかもしれない。

また、別皿も快く受けてくれるので、途中からの味変も7変化である。

スープは、乳化よりで優しくもしっかりと染みるハイスペックなスープである。

麺は以前外注だったらしいが今は自家製麺になっており、乳化スープに良く合う中太麺である。

夏場にはインスパイア界異色の冷やし中華をやるのでそこを狙ってくるのも良いと思う。

駅から少々歩くのが難点だが、また行きたい店である。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
番外編 (二郎) 麻雀カフェ南浦和店スタッフ怒濤ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる